ブックオフでの買い取り経験(つくばテクノパーク桜店)

ブックオフでは、本(文庫や一般書籍)を中心に一度だけ買い取りを利用したことがあります。ゲームや携帯、家電用品などはしませんでした。オンライン買取は、今まで経験もなく、あまりしたいとは思いませんでしたので、店舗買取を行いました。しかし、一度だけということで、他の店と比べると買い取りを利用しませんでした。

そこで、今回は「ブックオフで買い取りを利用しなかった理由」と「実際に、ブックオフで買い取りしてもらっての感想」の二点について書きたいと思います。

「ブックオフで買い取りを利用しなかった理由」

これは地域的なことなのですが、近くにある店舗が1店舗しかないため、どうしてもそのブックオフのイメージが強くなってしまいます。私が利用している店は、近隣に大きな大学があるため学生を中心に人が多かったです。もちろん、時間帯によって違うとは思いますが混雑していて、店のレイアウトもあるのか商品が探しにくい面があります。

また、その店舗は飲食店などが併設しているので、駐車場が共同に近い形となっているので混みやすく、その前の道路も一車線であり、交通事情もあって行きづらいのです。そのため、買い取りというより、元々利用することが面倒くさいところがありました。

また、ブックオフでは新品の販売を取り扱っていないため、店舗内で比較しにくいことがあります。新品、中古をどちらでも扱っている店なら、値段の差を確認することができ、それによって、今度ここで売ろうかなと考えたり、逆にやめようかなという気持ちになったりすることがあると思います。しかし、ブックオフではそういった点が掴みにくいのです。

「実際に、ブックオフで実際に買い取りしてもらっての感想」

きっかけは、母が小説の文庫などを処分しようしていた時に、処分するのも面倒くさいので、買い取ってもらおうと思ったからです。いつもはマンガやゲームなどの買い取りに利用している他のお店があったのですが、そこではあまり文庫や一般書籍の買い取りが少なそうでしたので、一度ブックオフの店舗買取を利用してみたいと思ったのです。私も一緒に小説、啓蒙書、ビジネス書などを数点売ることにしました。

店舗に向かうと、買い取り希望専用の駐車場スペースが3~4台あることに気がつきました。これは他の店舗にはあまりないことだと思います。店内に入ると、店員にすぐ声をかけられ即座に対応されました。私たちより前に、希望者がいたため10分ちょっと待つことになります。すると、母は臭いが気になるといきなり言ってきました。おそらく本の研磨している臭いに対してだと思います。そして、結果として買い取り金額は895円と言われました。率直な気持ちとしては、1000円は超えてほしかったと感じました。

母の本は5円か10円でした。処分しますかと言われた本もありました。ただ、破けてはいませんが、日焼けしていて使用感もかなりあったので、引き取ってくれるだけで良かったと母は納得していました。

私の本は、100円か150円でした。発売してそれほど経っていないものもありましたし、状態も良かったので少しショックでした。

感想としましては、他の買い取り店舗と比べると中古専門ですので、価格、またその際の言動のマニュアルがしっかりしているのかなと感じました。そのため、あまりこう流れというか変動が少なく、思わぬ値段で売れることはないのかなと感じました。トラブル等はなさそうですが、高く売りたいならブックオフではないかもしれません。もし、買い取りをするのなら、買い取りの特徴がでるお店をうまく利用したほうが良いと思いました。

結局、普段は他店の買い取りを利用していたので、ブックオフで買い取りしてもらったことはその一度だけになりました。