通帳を目的ごとに分けるとお金が貯まる!

うちは一般家庭よりもきっと少し所得が低い方だと思います。主人は頑張って働いてくれていますが、私は、子供が小さく、さらに妊娠中と言うこともあり、なかなか共働きができず、家計は余裕がありません。でも、少しずつですが、お金は貯めることができています。

私が実践しているお金の貯め方は、通帳を目的ごとに分ける方法です。主人の会社のお給料が振り込まれる通帳から、生活費などを使う通帳と同じにしています。ですので、その通帳は割といつもぎりぎりの状態ではありますが、その中で何とかやりくりしています。

さらにもう一つ、お金を貯める用の通帳を作っています。その通帳は、必ず絶対に手を付けないと強く心に決めているので、その通帳に振り込まれるお金は、少しずつですが、貯金専用になっています。

その通帳に振り込まれるお金とは、まず一つは、生活費用の通帳から、毎月1万円ずつ自動的に移行するように設定されています。銀行が同じなのですが、その銀行で、手数料がかからずにそういったサービスを行っているため、それを利用して自動的に1万円ずつは毎月貯金できる仕組みになっています。あとは、私が自宅でできる在宅ワークなどのわずかな収入も、そちらの振り込まれるように設定してあるので、毎月少しずつでも貯金できるようになっています。

家計は、生活費用の通帳にあるお金のみでやりくりすると決めているので、苦しくなったら、食費などを節約したりして、生活しています。食費の節約と言っても、子供や主人の食事を減らしたくはないので、安い食材を利用して量をかさまししたり、主人の父が趣味で畑をやっているので、野菜をたくさんもらって、もらった野菜の中で料理をしたりしています。

通帳を、使う通帳と貯める通帳とに分けておくと、自然と節約意識がうまれて、少しずつお金を貯めることができています。この方法は、絶対に貯める通帳のお金には手を出さない、という強い心も必要ですが、慣れてしまえばどうってことはありません。生活費用の通帳内に入っているお金しか使うお金がない、という考えでいると、何とかこの中でやりくりしようと思うので、無駄遣いをすることがすごく減りました。でも、そんなに窮屈な生活をしているという意識もなく、節約生活を実践できています。