月別アーカイブ: 2019年7月

『風と共にゆとりぬ』朝井リョウ

最近読んだエッセイでおすすめなのが『風と共にゆとりぬ』です。 作者は平成生まれの直木賞作家の朝井リョウ氏です。タイトルからして名作をいじってくるセンスがあふれる一冊です。 文字だけでここまで笑える本に出会えて感動しました。声をあげて笑いながら読みました。 何がここまで面白いのかと考えてみると作者の恥ずかしい部分も包み隠さず表現されているところや朝井... Read More