月別アーカイブ: 2019年6月

「赤目四十八滝心中未遂」から学ぶ光と闇

主に尼崎を舞台として、繰り広げられる小説「赤目四十八滝心中未遂」は、純粋な恋愛小説である反面、社会の闇がリアルに描かれた作品です。尼崎の他にも、実在する地名が多く登場し、特に関西方面に住んでいる読者は、生々しく情景を描きながら、読み進めることができます。 特に部屋の描写はリアルで、情景が思い浮かぶだけでなく、においまでもが感じられるようでした。狭い... Read More