月別アーカイブ: 2019年1月

空色勾玉

私は、家の本だなにたまたまあった「空色勾玉」という本を読みました。それが本当に面白くてびっくりしました。あまりに面白かったので、その後この作者の荻原規子さんの作品は全て読みました。そしてさらにびっくりすることに、そのすべての本が面白かったのです。普段読書なんてしない私なのに。 「空色勾玉」の舞台もそうですが、彼女が書く舞台は昔の日本であることが多い... Read More