『風と共にゆとりぬ』朝井リョウ

最近読んだエッセイでおすすめなのが『風と共にゆとりぬ』です。 作者は平成生まれの直木賞作家の朝井リョウ氏です。タイトルからして名作をいじってくるセンスがあふれる一冊です。 文字だけでここまで笑える本に出会えて感動しました。声をあげて笑いながら読みました。 何がここまで面白いのかと考えてみると作者の恥ずかしい部分も包み隠さず表現されているところや朝井... Read More

「赤目四十八滝心中未遂」から学ぶ光と闇

主に尼崎を舞台として、繰り広げられる小説「赤目四十八滝心中未遂」は、純粋な恋愛小説である反面、社会の闇がリアルに描かれた作品です。尼崎の他にも、実在する地名が多く登場し、特に関西方面に住んでいる読者は、生々しく情景を描きながら、読み進めることができます。 特に部屋の描写はリアルで、情景が思い浮かぶだけでなく、においまでもが感じられるようでした。狭い... Read More

猫を棄てる

文藝春秋6月号が話題になっていた、村上春樹の書き下ろし短編が掲載されているとわいていました。 「猫を棄てる」という題名でした。 猫を棄てるのか?と猫ばかりを話題にしているサナカで疑問符が浮かび上がる。 早速読んでみようと本屋を探しました。 明大前駅前の啓文堂書店にて購入しました。 ルーツを始めて綴った!と副題がついています。 村上春樹のルーツとして... Read More

華やかな中華王宮風の「後宮の烏」

これは新聞の書評で知りました。中華王宮風ファンタジー好きな私としては、すぐさま買いに、書店に走りました。それに、新聞で紹介されたカバー絵も私好み。美女が、舞うようにしなやかに、牡丹の花を見つめているのです。私は、美しい物も好みなのでした。 内容は、期待に違わず魅力的です。 後宮奥深くには、謎に包まれた「烏妃」が住まっています。不思議な術を使うと言わ... Read More

今だからこそ「動物農場」を読んでほしい

1945年に刊行されたジョージ・オーウェルによる「動物農場」を読みました。 人に薦められて読んでみたのですが、これはいろんな人に呼んでもらいたい作品だと感じました。 古い作品って、妙に敷居が高いようにも感じます。 難しい内容なのでは?と身構えてしまうのですが、この作品はそんなに難しい内容ではありませんし、分厚くもないので、すぐ読めてしまいます。 も... Read More

小説「あん」で泣いて考える

私は「あん」のことを映画で知りました。それも、映画は見たこともないのですが、樹木希林さん主演の映画だということだけは知っていました。 そして、その樹木希林さんが亡くなったことがきっかけでこの小説を読もうと思ったのです。本屋さんで本を手に取ってみると、表紙のイラストはセーラー服の女の子がどらやきを一口かじって手に持っているものでした。あれ?希林さんが... Read More

空色勾玉

私は、家の本だなにたまたまあった「空色勾玉」という本を読みました。それが本当に面白くてびっくりしました。あまりに面白かったので、その後この作者の荻原規子さんの作品は全て読みました。そしてさらにびっくりすることに、そのすべての本が面白かったのです。普段読書なんてしない私なのに。 「空色勾玉」の舞台もそうですが、彼女が書く舞台は昔の日本であることが多い... Read More

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

私が小学生の頃初めてプレステ2でプレイしたゲームです。 元々ゲームが大好きで携帯ゲーム機でのRPGプレイ経験はあるのですが、大きなテレビ画面でのRPGプレイはこの時が初めてで画面いっぱいに広がる広大な大地や海に心を輝かせていました。 またそこに広がる風景も綺麗なのですがキャラクターが話すシーンや戦闘シーンも細かく描かれていて一度も画面から目が離せま... Read More

ⅡDXの練習のために購入(beatmaniaⅡDX GOLD)

アーケード版ⅡDXが上手くプレー出来ず、その練習を行うために、中古のプレステ2とアーケードコントローラー(以下、アケコン)と共に購入しました。全部で1万7千円程度でした。なぜこのソフトを購入したのかというと、本当はⅡDX 16 EMPRESSを購入したかったのですが、EMPRESSにはどうやらプレミアがついているらしく、中古品(それしか無いのだが)... Read More

なぜ「粗食」が体にいいのか

粗食や少食に興味があってこの本を購入しました。 ダイエットや少食によって体をスリムにすることで健康やスタイル(体形)を改善させるのは確かにいいことだと思いますが、しかし一般的にはそれらの行為「そのもの」が間違っていたり、実行にあたっての弊害・実行環境による困難さの存在があるという著者の主張が見えてきました(あくまで個人的な意見です)。 多く出回って... Read More